御朱印は、朱印所でいただきます(仏教寺院の霊場では納経所と呼ばれることもあります)。
看板や札があることも多いですが、どうしても分からずに迷ったら、どこで御朱印をいただけるかをお伺いすれば教えていただけるでしょう。

御朱印は、神仏への参拝のあとにいただくのがマナーだといわれています。
御朱印の成り立ち(由来)を考えれば、現在では写経や納経札を納めることなくいただけるとしても、せめて参拝してからいただくべきだというのがその理由です。

ただ、神社仏閣によっては参拝の前に御朱印帳を預けるようになっているところもあります。
その理由は色々あると思いますが、御朱印を希望される方が多く時間を要するため、参拝者を待たせることのないよう先に預かって書いておくというのが多いようです。
先に預けなかったからといってお叱りを受けるようなことはないと思いますが、このような神社仏閣では、せっかくのご配慮と考え、御朱印帳を預けてから参拝すると良いでしょう。

御朱印帳をいただく際には、御朱印をいただきたいページを開いてお渡ししましょう。
御朱印を書く際に邪魔になりそうなカバーは、あらかじめ外しておいたほうが良いと思われます。

御朱印の代金(初穂料、納経料などともいいます)は、300円というところが一般的です。
期間限定などの御朱印の場合は500円だったり1,000円だったりと色々ありますが、お釣りをいただかなくても済むように100円玉を多めに準備しておくと良いです。
高額紙幣は避けましょう。
御朱印をいただく際にお支払いするお金は神仏(神社仏閣)にお納めするものだと考えれば、お釣りを求めるのはスマートではないように思われますので。

それから、すべての神社仏閣で御朱印をいただけるわけではありません。
事前にインターネットで調べておくか、参拝の際にお伺いすることをオススメしておきます。
ときには「ここは観光寺院ではないので御朱印はありません!」なんて怒られることもあったりしますので(実話)。

《第4話に進む》
《第2話に戻る》